英語学習のヒント

ああ、学ぶということは、なんと素晴らしいことだ! シェイクスピア

アメリカに留学すると、思ってもみなかったことをいろいろと体験することになります。例えば、ニューヨークに到着すると、おそらく聞き慣れないアクセントを耳にするでしょう。パキスタン人タクシー運転手やヒスパニック系税関職員、ハイチ人の警備員は皆、あなたが学んできた英語を話しますが、リスニング教材で聞いてきた英語とは違うように聞こえるかもしれません。これがアメリカのコミュニティーで学ぶ楽しさです。ここでは、自分の英語力を気にせず英語を話すことができるのです。

アメリカは、「違い」について世界でもっとも寛大な国と言っても過言ではなく、それはあなたのアクセントや間違った文法に対しても当てはまります。

ニューヨーク大学付属アメリカン・ランゲージ・インスティチュートの3カ所あるキャンパスのひとつ、グリニッチビレッジは、歴史的に見てもニューヨーク市の中でもっとも寛大なエリアのひとつです。どんな格好をして歩いていても誰も気にはしないでしょう。気軽にへたな英語で話すこともでき、ニューヨークの人々はおそらくその英語をほめてくれるはずです。では、多様性を持ったこの国の、様々なアクセントが集まる素晴らしいほど寛大なこの街で、どのように英語を上達させていけばいいのでしょうか? アメリカン・ランゲージ・インスティチュートの職員にコツを聞いてみました。

学ぶ姿勢

「『成功とは、熱意を失わず積み重ねた失敗の賜物である』 このウィンストン・チャーチルの引用文で、私は授業を始めます。何度も同じ間違いをしてしまうとよく感じてしまうため、言語学習はしばしばいらいらさせられるものになります。本当にいずれ同じ間違いをしなくなるのだろうかと疑問に思ってしまうこともあるでしょう。しかし、ユーモアセンスとチャレンジ精神があれば、必ず成功できるのです。私からのアドバイスは、自分の間違いを笑いとばし、やり抜く精神力を見つけることです。」

¬-Priscilla Karant, Master Teacher

公共ラジオ局

「あなたはネイティブスピーカーとの会話に参加する準備がほぼできているけれど、まだ完璧ではありません。もし、彼らが早口で話してきたり、知らない単語を使ってきたりしたら? もし、会話の筋をつかめなかったら? 日本語でも人と話すのが苦手なくらい人見知りのため、英語で話すことを考えただけで不安になってしまっていたら? 心配する必要はありません。英語会話力は、自分の部屋でも向上させることができます。最近起こっている出来事についてのインタビューや会話が繰り広げられる公共ラジオ局をぜひ聴いてください。

ここニューヨークでは、お勧めできるプログラムはたくさんあります。『The Leonard Lopate Show』や『Fresh Air』、『The Takeway』、『This American life and Radio Lab』は、すべてWNYC93.9 FM(http://www.wnyc.org/shows/)のプログラムです。自分の好きなプログラムを1〜2つ見つけ、それらを英語を話すベストフレンドにしてよく聴くようにしましょう。実際にネイティブスピーカーと友達になる時に、豊富な話題で会話ができるようになります 。」

-Barbara O’Hara, Language Lecturer

読解とリスニングの練習

「自分の苦手面をより得意とする部分でサポートすることで、英語を上達させましょう。www.librivox.orgまたは www.americanrhetoric.comで、読解とリスニングのスキルを同時に使ってみてください。これらのウェブサイトでは、何千にもわたる著作権フリーの書籍やスピーチの音声を無料でダウンロードすることができます。”online text”というリンクをクリックすれば、書籍やスピーチの文章がダウンロードされます。これで文章を読みながら、音声を聴くことができます。もしリスニングの能力の方が読解力よりも勝る場合、これは耳にしている英語がどのように書かれているのか理解する良い方法になります。より得意とする部分が苦手面を向上させるのに役立ち、名著を読んだり優れたスピーチを聴いたりすることができるようになるでしょう。

- Linda Ciano, Language Lecturer

新しいことを始める

「新しい言語の習得は、ある意味、自分の新しい個性を見つけるようなものです。英語で、新しい趣味を始めたり何か新しいことを学んだりしてはどうでしょうか? ギターを手に入れて、コードを先生から学ぶか、YouTubeで英語のビデオを見て学んでみてください。ニューヨークタイムズのレシピを参考に新しい料理に挑戦するのもいいでしょう。挑戦できるアクティビティは数多くあります。これらを英語で学ぶことで、より早く英語の幅を広げ、洗練させることができるでしょう。」

- Philip Herter, Language Lecturer

興味の追求

「自分の長所を利用し、興味を追求することで、英語力を向上させましょう。もしあなたが視覚型でアーティストタイプだったら、美術館に行って英語のオーディオガイドを借りたり、英語のアート雑誌を読んだり、偉大なアーティストや美術運動についての英語の映画を見たりします。字幕は使わず、リラックスしてください。すべての言葉が理解できなくても大丈夫です。英語を使いながら、自分の好きなことを楽しんでください!」

- Robyn Vaccara, Language Lecturer and Associate Director for Academic and Faculty Affairs

オンラインコースを取る

「興味のある分野で無料のオンラインコースを取って、英語力を伸ばしましょう。ビジネス、生物学、経済学、英文学となんであれ、そのコースが英語で行われている限り、自分の興味のある分野を学んでいる間に自分の英語をさらに流暢にさせ、語彙を増やすことができます。www.coursera.comや、www.openculture.comwww.edx.org、http//oedb.org/open、 http://academicearth.orgといったウェブサイトをチェックしてください。様々な種類のコースや講義を見つけることができます。」


- Linda Ciano, Language Lecturer

クロスワードパズル

「英語のクロスワードパズルを解くことは、語彙を増やし、正しいスペルを覚え、文法を理解しているかを確認し、思考力を伸ばす楽しい手段です。クロスワードパズルを解くためには、頭を明敏に保つある種の攻略が必要になります。

クロスワードパズルは、新聞や本のほか、ダウンロードをしたり自分で作成をしたりできるウェブサイトでも見つけられます。クロスワードパズルはどこにいても楽しむことができます。」

- John Dumicich, Language Lecturer

-

娯楽のための読書

「楽しみのために読書をしましょう。だいたいのストーリーがわかれば、すべての言葉がわからなくても大丈夫です。その文脈からわからない言葉の意味を想像してみます。ある翻訳本を読んだことがなるなら、その原作を読んでみてください。できる限りの量と頻度で読んでみましょう。英語をもっと楽しみながら語学力を高めている自分に気づくでしょう。」

- Tara Tarpey, Language Lecturer

映画観賞

「英語で映画を観ることです。新聞や雑誌で映画のレビューを探してみてください。家で観るときは、だいたいのストーリーがわかるように字幕をつけて観賞した後、字幕を消してもう一度観ます。 アメリカの多くの映画は、オンライン上で台詞が無料で見つかります。詳しくは www.simplyscripts.comでご覧ください。」

- Debbie Un, Language Lecturer

スピーキングの練習

「オンラインでネイティブスピーカーの話しているのを聴き、リズムや発音などをまねしてみましょう。毎日数分でいいので自分のスピーキングを録音し、どのように聞こえるか聴いてみましょう。」

- Deborah Smith, Language Lecturer and Intensive English Program Coordinator

リスニング、ライティング、語彙

「テレビや映画、道で見聞きする英語など、毎日できる限りの英語を読んだり聞いたりして吸収しましょう。www.merriam-webster.comの“Word of the Day(今日の単語)”を定期購読すれば、毎日、新しい単語がその定義と例文とともにメールで送られてきます。これらの単語を自分のものとなるまで練習します。

日記を英語で書いてください。一段落でもいいので、毎日何か書きます。チャリティイベントでボランティアをしたり、英語を話す機会のあるクラブやジムに参加したりするのもいいでしょう。これらの努力をしたら自分をほめてあげてください。」

- Dr. Christine Trotter, Language Lecturer and Evening and Special Programs Coordinator

本を選んで読む

「小説、自伝、ノンフィクションなど、面白そうと思える英語の本を選びます。最初の一行を読んだり、本屋で軽く目を通してみたりしてください。できるなら、読書グループに参加してみましょう。多くのアメリカ人は定期的に集まり、一緒に読むために選んだ本について話し合います。こられのグループは、ブックグループ、またはブッククラブと呼ばれています。

読書日記を英語で書きましょう。日記は、感動した文章や興奮した文章、過去の何かあるは誰かを思い出させた文章などについて、自分のコメントを残すことに使ってください。また、質問を書いたり、所見を述べたり、筋書きを分析してみます。読書日記を書く良い方法は、ページの左側に本から引用した文章を書き取り、右側に自分のコメントを記入することです。引用文について思いついたことを書き込み、自分の考えを掘り下げる時間を十分持ちましょう。

読書は困難なことではなく、リラックスでき、楽しめるべきものです。もし難しいと感じたら、次回はもう少し簡単な本を選んでみましょう。決してあきらめないでください。読書は自分の英語を流暢にさせ、語彙力を高め、魅力的な方法で英語とあなたを結びつけてくれます。エンジョイ!」

- Maxine Steinhaus, Language Lecturer and Special Activities Coordinator

英語学習についてのコツを聞いた時、アメリカン・ランゲージ・インスティチュートの職員は喜んで答えてくれ、たくさんのアドバイスを出してくれました。ここに載せたのはそのごく一部ですが、これらのアドバイスを参考にし、活用していただけたらと思います。英語学習における幸運と成功を祈ります!

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA®

by Lisa Springer, Assistant Dean and Clinical Professor, American Language Institute, School of Continuing and Professional Studies, New York University